忍者ブログ
弊社の社長含め、全国を行脚している社員による、全国パチンコホール様の素敵な取組みや、エリアで感じたことを、思いのままに綴ったブログです。是非ちょっとした休憩にお読み頂けましたら幸いです。               プラスアルファ社員一同
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



TSUTAYA(会社名:CCC)さんに
今更ながら着目しています(笑)

先月CCCの増田宗昭氏の、
書籍2冊と出演されたTV番組を通して、
浅く広く学んでいる中で、
それだけでも深い学びを得ています♪

その中で、将来ぱちんこ店でも具現化できればと、
否、本気になれば今スグにでもカタチにできる事を、
異業種の事例を通して、ビンビン感じています。


今回は、そんな中、
TSUTAYAのTカードから見える、
ぱちんこ店の会員カードの可能性を論述してみます。

まず、TSUTAYAの会員カードの特性
① DVD・CDがレンタルできるカード
② ポイントが貯まる・使えるカード(提携店)
③ パートナーシップ連動しているカード(提携店)

とりあえず、パッと思い浮かぶ3つを挙げます。

一方、ぱちんこ店の会員カードの特性
① 貯玉・貯メダルができるカード
② ポイントが貯まる・景品交換できるカード
③ 郵送DMがもらえるカード
④ 割引サービスが受けられるカード(提携店)
⑤ 遊技サービス(傘の貸出・毛布の貸出サービスなど)が受けられるカード

こちらも、パッと思い浮かぶだけ記載しました。

どちらのカードも
まだまだ、会員特性はあると思います。

ただし、パッ思い浮かぶ項目だけを比較してみると、
ぱちんこ店の方が、会員特性が多くないですか・・・?

私が、パチンコ業界で働いているからかもしれませんが。。。(≧_≦) 笑

しかし、特性の量ではなく、
じっくり特性の中身まで見てみると、
基本的にはぱちんこ店の会員カードは
自店内で完結してしまう特性ばかりです。

内々で終わってしまっています。

実は、ここに↓↓↓
ぱちんこ店の会員カード発行数が
グランドオープン以降ほぼ伸びないという
問題点が隠されています。


一方、TSUTAYAのTカードの会員数が
継続的に躍進する理由はなんでしょうか?


Tカードは、
ぱちんこ店の会員カードと比較すると、
外部とのつながりが強いカードです。

特に、Tカードの特性の③は、
現在の経済状況を考えると、
とても重要な価値を創造します。

これは、自店の活性化だけではなく、
外部の活性化もしくは地域の飛躍が
周り回って自店の活性化に
つながるということがポイントです。

つまり、Tカードの③は、
Tカードの提携店としている
会社同士(異業種)が、
相互に販管費を抑えながら、
売上効果を高めるための連動を行う
パートナーシップの仕組みが構築されています。

もっと端的に言うと、

例えば、

“ 郊外のコンビニ ” と
“ ガソリンスタンド ” が
売上連動するカード特性を秘めています。

もっと具体的に言うと、

お客様が仕事前に車でよく立ち寄る
近所のコンビニで朝食を購入した際、
お釣りと一緒に渡されたレシートの裏面に、
ガソリンスタンドのガソリン代30円割引券が掲載されています。
そのガソリンスタンドはお客様が以前は頻繁に使用していたが、
ここ2ヶ月は来店頻度がゼロという状況が続いており、
そのコンビニでもらったガソリンの割引券から来店動機を高め、
再度、以前使用していたガソリンスタンドに顧客の再創出を目的として、
Tカード加盟店のコンビニとガソリンスタンドが連携して、
チラシを含む販促経費を削減しながら、
集客を向上させる取り組みが実施されています!

※当然、ガソリンスタンドでコンビニの割引サービスの
   レシートを発行して、コンビニ集客に貢献する事も可能です。


全ては、1枚のカードが起点となり、
そのカードのお客様の個人情報(年齢・住所・性別など)と
その特定のお客様がTカード加盟店で買い物をした際に
ポイントを貯めるために差出したカードを読み取り、
お客様の購買履歴を連動させて一元管理することにより、
お客様の購買パターンがミックス化した状態で蓄積できます。

つまり、お客様の状態に合わせて、
例えばコンビニのレシート1枚とっても、
ガソリンスタンドの割引券がでるお客様もいれば、
家具屋の割引券やペットのおもちゃ・グッズの割引券が
発行されるお客様もいらっしゃいます。

     ※冒頭の添付写真参照

お客様によって、千差万別なアプローチができます。


そのデータを基に、Tカードの提携店や加盟店では、
相互にクロスMD(http://www.blwisdom.com/word/key/100400.html)的な
価値の創造が可能となります。


ここまで、お店側の目線で記述しましたが、

逆説的に考えれば、
お客様が1枚のカードで、
多くのお店でお得感を感じる事が可能となります。


つまり、今回皆様にお伝えしたい事は、
相当数の個人情報を得たぱちんこ店の会員カードを
自店の活用のみで活かすのではなく、
自店の商圏内の外部と強いつながりを持つことで、
お店側もお客様側も多くのメリットが生まれます。


最近は、ぱちんこ店の周辺にある
商店街とつながりをもって、
提携店サービスを実施しているお店が
増えてきましたが、
もっともっと地域活性化につながる取り組みを
ぱちんこ店の会員カードを起点として、
実施できるはずです。

上記のTカードの一例は、
投資や費用が掛かるレベルの
取り組みかもしれません。

しかし、もっと企画を練れば、
ぱちんこ店の会員カードデータを使用して、
投資が必要のない事から、
始められるのではないでしょうか?

ぱちんこ店の会員カードをベースに、
アイデア・企画を生み出せる事は無限にあります(^_^)


著:野島崇範
PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 プラスアルファ社員ブログ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]