忍者ブログ
弊社の社長含め、全国を行脚している社員による、全国パチンコホール様の素敵な取組みや、エリアで感じたことを、思いのままに綴ったブログです。是非ちょっとした休憩にお読み頂けましたら幸いです。               プラスアルファ社員一同


売り場プロモーション診断士の
検定試験を4月18日・19日の2日間
大阪会場および東京会場で
実施致しました( ※一般受験)。


沢山の方々にご参加頂き、
ご受験頂く方々の真剣な眼差しに
刺激を頂きました(^ ^)
売り場プロモーション診断士検定を
立ち上げてから5年目に突入。
昨年、売り場プロモーション診断士検定の
公式テキストを出版したので、
ご購入頂いてご持参なさった方は
試験開始ギリギリまで何度も何度も、
その書籍を繰り返しご覧に
なっている姿がとても印象的でした。
単純に嬉しいです
売り場プロモーション診断士検定を
立ち上げた理由は個々人の感覚に頼らず、
売り場プロモーションの共通言語を
高いレベルで標準化するためです。
高いレベルで標準化!


これがとても重要であると考えております!
研修を実施したから共通言語を手に入れました!
売り場の書籍を全員で読んだから大丈夫です!
と、言われることがあります。
大丈夫なら、問題ないのでしょう。
ただ、本当に大丈夫なのだろうか?と
大丈夫とおっしゃる企業様ほど
不安になります。
研修を1年間実施して頂いたら
420万円頂きます。これだけのお金を
投資して頂いているので、売り場の数値化が
社内の共通言語として活用されて、
より一層成果につながる取り組みになることを
強く!強く!願っています!!!


研修が終わってもできる限りの
サポートをできればと考えています。
しかし、同じものを学んでも
ひとりひとり全く理解度が違うという
状況を何度も何度も目のあたりにしました。
同じものを学んでいるのに、
学習度合いに差が生まれているため
同じ知り得た言葉で伝えているのに、
伝わらないという不思議な
現象が生まれたのです。。。


そして、意外に思うかもしれませんが、
店長や広告担当をなさっている方ほど、
分かったつもりになっている場合が多いです。


自己解釈して、学んだことを間違った取り組みに変換していくのです・・・


当然お客様立場を度外視した自己満足の
取り組みは売り場プロモーションを機能不全にしていきます(>_<)
そのため圧倒的な学習度合いの差を
どのようにすれば埋めることが
できるのか悩み続けました。
この問題解決ができない限り、
せっかく時間とお金を掛けて学んで頂いた
売り場プロモーションの数値化も、
うまく機能しないため成果につながることは
極めて難しいです・・・

それが解決できる!と、思ったのは
5年前に統計検定という試験を
私が受験している時でした。
「あっ、試験開催すればいいのか!」
と、あんなに悩んでいたのに、
一瞬で悩みは解決しました。
答えは身近かにありました^^

弊社でも数値で物事を話せる人物になるよう
統計検定4級を新卒一年目の子には受験
必須にしていました。その理由は、単純明快で
最低限、統計検定4級の知識は持とうね!
そうでないと、弊社プラスアルファが目指す
数値で語る人物と成り得ないからと判断したからです。

採用する新卒は文系の子たちが多く数値が苦手。

そのため同じ基準で話せるように
統計検定の4級レベルの理解度で標準化しました。
だから、数値を含んだ会話でズレることが少なくなりました。
これがまさに、私の体験を通して
売り場プロモーション診断士の
検定試験を広めたい理由のひとつとなりました!

売り場プロモーションの数値化が
本当の意味での共通言語として
機能するように今後も取り組んでいきたいです。
PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 プラスアルファ社員ブログ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]