忍者ブログ
弊社の社長含め、全国を行脚している社員による、全国パチンコホール様の素敵な取組みや、エリアで感じたことを、思いのままに綴ったブログです。是非ちょっとした休憩にお読み頂けましたら幸いです。               プラスアルファ社員一同
 

もう1機種ご遊技して頂くことに
こだわるデザイン定期便!
http://www.dentatsuryoku.com/lp/



その理由は至って単純。

お客様に、もう1機種ご遊技して頂くことが
もっとも簡単に売り上げを伸ばす取り組みだから。
ただそれだけです。

新規顧客の取り組みは・・・
店舗にご来店頂いたことが一度もないお客様だから
未知過ぎて、売上予測すら立てられません。

再来店促進につなげたいですが、
一度お店から退店されたお客様が
またいらっしゃって頂ける保証はありません。

そのため、客単価を上げる取り組みが
お店にいらっしゃるお客様に対する施策であるため、
売り上げを伸ばす確率がもっとも高い取り組みと言えます。

そして、デザイン定期便は
勝った可能性の高いお客様が訪れる
ジェットカウンターやメダルカウンター
景品カウンターでこそ使って頂きやすく
企画しております。



つまり、軍資金を得たお客様に
増台機種・新台機種をご遊技なさっていないのなら、
帰宅前に一度覗いて行ってよ!と投げかけます。

100名に投げかけて10名が覗いて帰ってくれて、
1名が遊技して頂ければ当日の売上は微微微微増します(笑)
これを繰り返すことが簡単に売り上げを上げるコツです。
小さな積み重ねが大きなうねりとなることを狙って。

しかし、多くのお店は、
入店導線も退店導線も同じ訴えかけばかり・・・
語弊を恐れず言えば、なんのために
売り場プロモーションしているのか目的が見えません。

売り場プロモーションをする目的は
・新規顧客の獲得
・来店頻度の向上
・客単価の向上

この3つに全て帰属しなければなりません。

※間違いだらけの増台プロモーション※


単純に「増台」しました!という
既成事実を投げかけるだけでは、
売り場プロモーションを行う目的から
大きくズレてしまいます。

なんのために、増台プロモーションを行うのでしょうか?

是非、期待感の高いプレミアム演出と共に
勝った可能性の高いお客様に
「増台ご遊技しましたか?」と投げかけてみてください。

あたなが想う以上に
大きな成果が生まれます!
PR

新台ポスターデザイン定期便の
立ち上がり当初は色々問題があり、さらに
新たな価値観過ぎて理解されない側面もあり
紆余曲折しながら、去年の年末くらいから
しっかりカタチになってます。

料金もサービス提供の初期は
お試し価格のだったのが、
6万3千円/月→10万3千円と
値段が立ち上げから2年間で伸びています!

金額が伸びると同時に、
サービス利用店舗もかなり拡大しています^_^
有難いです!!!

最初から訳のわからないサービスに、ず~と
付き合って頂いた企業さまへ感謝と恩義。

最近、最初の価格でやりたい!と
言われることがありますが、お断りします。

本当は分かりました!って言いたいけど、
そうしたら、最初から付き合って頂いた
企業さまに筋が通らないと泣く泣く断ります。
その方々のおかげで品質が高まり、
求められるサービスになったのだから。

当然、制作コストや企画コストも増えています。
だから、最初に契約して解約せずに継続して頂いた
企業さまはめちゃくちゃお得!と感じて欲しいのです。

そういう理由で、
過去提案または実施して頂いた皆さま、
どうか上記をお察しください(^^)

もっと皆様に必要となるようなサービス提供ができるよう、
新台・増台ポスターデザイン定期便を改良して行きますので
引き続きよろしくお願い致します。


4度目の増台決定
シンフォギア全16台へ

この増台プロモーションいかがでしょうか?

シンフォギアが16台も導入されて
さらに4度目のシンフォギア増台を
謳っており、店舗の強化(推し)機種で
あることが明確に伝達されるため、
良さそうな取り組みではないでしょうか?

※デザイン性は個人の好みによるため議論しません。

ただし…

お客様立場が抜け落ちれば、
良さそうに見える取り組みが
店舗のデメリットを強調してしまう
取り組みに変わってしまいます。

つまり、売り場プロモーションを実施するためには、
商圏内のお客様立場を理解することが重要です!

それを加味せず展開すると、
誇張広告となる危険性があります。

そもそも地域1番店の売り場プロモーションの作り方と
地域2番店以降の売り場プロモーションの作り方は
全く異なります。

地域1番のシンフォギアのシェア率であれば、
上記の取り組みはOKです。

しかし、地域2番店以降であれば・・・✕

実は、上写真の取り組みをしている商圏の地域1番店は、
下写真の売り場プロモーションを実施していました。



増台完了 合計
シンフォギア37台へ

これでは、地域1番店と比較されて4回も増台しているのに、
たった16台しかシンフォギア導入していないのか!?
と、競合店の凄さがより一層際立ちます。。。

(>_<)

現在、多くの店舗の増台プロモーションは
増台の設置台数(増台回数)を中心に打ち出しています。

しかし、繰り返し伝えます。

設置台数を伝達していいのは、設置台数も客数も
地域1番のシェア率を持っているお店だけです。

地域1番店が実施しているから、
自店も同様の取り組みをしてしまう発想こそ、
商圏内からお客様を奪えない、自店が増客しない
状況を自ら作り出してしまっているのです・・・

だからこそ、

増台プロモーションにおいては、
設置台数は絶対に打ち出してはいけません!!!

では、何を広告として打ち出すのか?

一番良い打開策は
増台する機種のプレミアム演出を打ち出すことです。

なぜ、プレミアム演出を打ち出すのか?

それは、まだプレミアム演出を見たことがないお客様へ
プレミアム演出を見たいという欲求を掻き立てるためです。

シンフォギアの増台プレモーションを行い
今までシンフォギアを遊技していない
お客様がご遊技して頂けるとは想定し難いです。

なぜなら、最新台の時にご遊技しなかったということは
そもそもシンフォギアの遊技台に興味がなかったと言えます。

その興味がなかったお客様に
増台だからご遊技してください!と
伝えても、遊技してくれる可能性は極めて低いです。

だからこそ、増台プロモーションの
顧客ターゲットは、新台導入した時、
シンフォギアをご遊技していたが、
最近は他の遊技台を打っており、
なかなか好みの台が見つからない!という
お客様に再度シンフォギアを
ご遊技してみませんか!?と提案することが
大切なポイントとなります。

そして、シンフォギアを
ご遊技しなくなったということは
“大勝”した経験が少ないお客様であることが
想定されるため、プレミアム演出を
見ていない可能性が高いです。

その一方、シンフォギアを遊技している時に、
周囲のお客様がプレミアム演出を出しているのを、
羨ましく眺めていたり、ツイッターで見たりと、
プレミアム演出は知っているため、
潜在的な欲求としてはプレミアム演出を
見てみたい!というニーズはあるはずです!

だからこそ、滅多にお目にかかれない
演出を伝達することが重要となります。

例えば、

シンフォギアであれば、
主人公の響と親友の未来が
涙の再開を果たす名場面が
プレミアム演出であるため、
その部分を増プロモーションとして表現。



そして、その時に未来が言った
「だってこの世界には、歌があるのだから」を
キャッチフレーズとして展開。

増台プロモーションこそ、
プレミアム演出で展開する!

それだけで顧客反応は変わります!

--------------------------



最後に話は脱線しますが、
皆さまポケモンGOという
スマホゲームをしたことはありますか?

ポケモンGOが大流行した時、
やらなかったひとは、今さら
テレビCMでポケモンGOをしませんか?
と言われても、見向きもしないはずです。

初動またはブームになった時に
行動しなかったひとは、
趣味嗜好が合わず興味を
そそられなかった為
ポケモンGOの広告を行っても
その方々はポケモンGOをしてくれません。

上記で述べたように、
増台プロモーションもポケモンGOと
同じ視点で考えれば、増台機種だから
新たに遊技しよう!と思うお客様は
極めて少ないはずです。

売り場プロモーションは確率論です。

だからこそ、確率論が高い方に
注力することが重要となります。


昨日、超プロ会議主催の

2回目の「無料」勉強会。

 

現在の外販の

チラシや郵送DMの配布枚数や

テレビCMの年間費用、

台あたり月間広告費、

粗利●%の広告費などから話はスタート。


 

その後は、どんなYouTube動画見ます?

 

YouTube広告って必要ですか?

 

YouTube広告を一括りで考えるのではなく、
用途に応じて、大枠で
2つに使い分けて考えてますか?

 

ポプテピピックって知ってますか?

 

的な、題材を投げて全員で議論を展開。

 

10人くらいがちょうど話しやすかったので

次回も10人限定で同じ場所で開催します!

 

ポプテピピック知らないのに、

ネット広告する、またはそれを

知らない広告代理店に依頼して

広告しても成果は生まない!

 

っていう過激な話もありつつ(笑)

 

とても私自身が勉強になりました!

結論を決めずに、最終的な着地は

参加者次第なのが、個人的には好きです。

 

わたしは進行役に努めました!^ ^

 

プロモーションの

スペシャリストを作る会議。

 

そのコンセプトに負けないように

これからも面白い有意義な

議論の場にしていきます!

次回は8月開催で実施できればと考えています。



当社の今年の新卒の
初のパチンコ店視察。

初心者かつ女性目線。

興味深い視点が多くて
レポートを読んでいて、
参考になる!

やっぱり、音量調整は分からないよね。。。
遊技台の液晶の中に書いてある!というのは
玄人やパチンコ店側の目線。

素人は分からない。



先日、私も音量が小さいな。。と
思ったら音量1だった(苦笑)
 
静音化を目指すお店は増えているけど、
でも、やっぱり大音量で遊技するのが
パチンコの醍醐味だ!と思ったりもします(笑)
 
音量下げるなー!
(心の声:音量の上げ方分からない)
 
っていうお客様は一定数いるはずです。
 
つまり、顧客視点で考えれば
静音化というお店都合で
行ったことに対して不都合を
感じるお客様がいるということ。
 
だから、静音化するなら
音量の上げ方を台周りに掲示することは必須。
 
遊技台の液晶に書いてある!って
言われても座ってすぐ遊技してしまったら
その情報は消えて見えなくなります。
 
そして、その情報をみて、
遊技中に音量を変更しようと思っても
変更できない…とか、知らないお客様に
とっては知っている人が想像できないようや
問題が発生します。
 
わざわざ、その件で
スタッフに聞くのも恥ずかしい。。
 
だから、最初から自分に合う音量の
お店に居ついてしまう。。
 
どんなに頑張ってそのお店から
お客様を奪おうと思っても
生理的に合わないお店!と思われれば
様々な仕掛けが響かないのです。
 
音量なんて。。!?と思うのも本音。
でも、実態は異なることが多い。
されど、音量なのであります。

今回、当社のレポートからも
やっぱりか!?と痛感しました。

HOME  → NEXT
Copyright (C) 2018 プラスアルファ社員ブログ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]