忍者ブログ
弊社の社長含め、全国を行脚している社員による、全国パチンコホール様の素敵な取組みや、エリアで感じたことを、思いのままに綴ったブログです。是非ちょっとした休憩にお読み頂けましたら幸いです。               プラスアルファ社員一同


お客様の心は変化する。
このことを踏まえて
売り場プロモーションは
設計されているだろうか?

いつまでも、大当り確率や
大当り出玉や継続率を伝えていないだろうか?

導入直後はそれでも最悪
いいが、それでは残念ながら、
お客様立場の売り場を構築できていない。

まずひとつは、
遊技をしていない状態と、
遊技台が導入された直後と、
遊技台が導入されて2週間目では、
お客様の心は違うということである。

そして、もうひとつは、
可処分所得が増えず投資金額が増えず
遊技機の魅力を感じる前に止めてしまう
場面を多々見受ける。

その解決策は
お客様の心の変化に寄り添うことである。

例えば、花の慶次であれば、
花の慶次ファンなら誰でも知っている
定番のキセル演出を導入前は伝える。



まずは花の慶次ファンに興味を持って
頂くことが重要である。2000個の大当り出玉は
お客様にとっては既に普通でなんの価値もない。

さらに、大当り出玉を伝えることは、
地域1番店は、信用が担保できるが、
地域2番店以降がお客様に魅せられる
景品金額を示せるかは不確実であるため、
伝達すること自体が危険である!

そして、導入直後は、
ある程度見かける期待度の高い
演出を伝達する。これが出れば
アツイということを明示する。

沢山ある中のひとつに絞ることが
大切である。お客様は沢山覚えられない。
遊技機の特徴とお客様の感性を合わせる。



※さらに、お客様の状態は異なるため、
  通り過ぎる場所ではメッセージ量は少なく
  座る場所ではメッセージ量は多く
  最低でも2つの状態に合わせる。

  ここまでお客様立場に立っていないのに、
  結果が出ないというのは店舗側の奢りである。 
  業界が良かった時代は過去のものである。
  パチンコ業界以外はお客様立場で思考錯誤
  しているのにパチンコ業界だけが昔のままで
  良いはずがない。

そして、2週間目に集客が良ければ
3段階目の変化をさせる。ここでは
あまり多くは出合わない演出を伝える。



競合他店がここまでお客様の
心を踏まえた売り場プロモーションを
していないため、結果を出るのは
当然の流れである。

商圏人口は増えなくても、
花の慶次を遊技する顧客層は
ある一定いらっしゃる。

そのお客様が集まる店舗となる。

あなたなら、なんとなく競合他店と
同じやり方のお店よりも、花の慶次を
大切にしてそうなお店を選ばないだろうか?

単純なことを複雑化するのは止めよう。

ただ、ここまでやるのは
面倒である…いつも2週間から
3週間同じものが掲示できるはずが、
変化させなければならないということは
手間ひまが掛かる。

現場にとってはいい迷惑な話である。

※ただし、イベントが、出来た時代は、
  台周りミニチラシを全台変えて手間を
  掛けていた。当然のごとく。

だから、稀にデザイン定期便の
解約がでる。でも、残念ながら
裏画面のシステムを見ると
解約企業全ての利用状況が悪い。

経営者や本社幹部は現場の話を
鵜呑みにするが、実態は面倒で
手間が掛かるから止めたいのが本音である。

ただ、偉そうに書いてきたが、
面倒な気持ちは分かる。

だって人間だもの。

ただ、ここで言いたいことは、
当社のデザイン定期便が最高!という
話ではなく、店舗側がどこまでお客様の
心に寄り添ったお客様立場な売り場を
作り込めているかである。

そのためには、店舗側の面倒という
気持ちは一旦置いて、お客様の心に寄り添う
変革が必要である!

その努力の差は確実に生まれる。

そして、努力が報われる
時代になったとも言える。
PR

 

これダサくないですか?


それ!うちの会社が提供してます(笑)

でも、この価値を分かってくれている店長は、これを堂々と使ってくれてます(笑)


うちの会社、酷い会社ですよね!?

分かる方にだけ今は使ってもらえればと思ってます!売れまくることを望んでません。

語弊を恐れず言うなら、パチンコ店の未来を考えず、パチンコ店へ広告を売るためには、派手にすればいい。炎やゴールドや赤など暖色系を強烈に使い、様々な効果を織りなし、パチンコ店の店長がカッコイイと思うようなものを作ればいい。

そして、ちょこっとだけ、最先端を入れる。それで、沢山売れる。

でも、本当にパチンコ業界を良くしたいと願う、我々パチンコ関連業者は、それでいいのであろうか?

「ダメな遊技台」と店長が評価したものに対して、なぜか機械選定するまでは厳しいのに、いざ稟議が通り、導入台数が決まった後は、一生懸命、広告を練り上げる。そして、我々が、それを止めずに、助長してしまう

一見、店長の行動は、真面目であるが、冷静に考えれば、その行動は正しいのだろうか?

矛盾した行動ではないだろうか。

自分がダメ!と判断したものを、お客様に良いですよ!と伝える行為は、お客様からの信頼を失う最大の理由である。

昨日も企業研修をしていて、未だに広告で騙せる!と本気で思っている方々がいらっしゃる。

しかし

もう広告では騙せない!

お客様が賢くなったこともあるし、お店がしっかり遊技台データを公開していることもあるし・・・書き切れない程、沢山の理由が存在する。

ただ、騙してないよ!とおっしゃる方もいらっしゃるが、導入台数が5台の時でも10台の時でも、20台以上の時でも、同じ労力と時間を掛けていないだろうか。

私はダメな時は、ダメと暗に伝えるし、ダメな時は、大半の方がダサいと感じるデザインにしている。そして、ダメな時は、企画時間は10分の1にしている。


台周りミニチラシ用(座る場所)

なぜ、そんなことをするのか?

お店に対するお客様の信用を守りたいからだ!

ただ、それだけである。カッコよくすることなんて、ある意味簡単である。年間1000店舗以上のお店を見ていると、何が好みなのか、分かる(※パチンコ業界で、店長の広告の好みを最も知っているのは私ではないかと思う笑笑)。

でも、残念ながら、カッコイイものばかり提供すると、カッコイイとは感じなくなる。

シビれるくらい大好きな音楽も聴きまくっていると、飽きる。懐メロは久しぶりに聴くから懐メロなのである!

だから、広告の表現ひとつとっても、メリハリが大切なのである。

しかし、なかなかこの考え方は広がらないし、理解されない。そして、共感さえされない時がある。でも、まだ、この流れを汲まなくて営業できるということは、パチンコ業界が元気な証拠であるため、嬉しくもある^ ^

10月の営業数値には激震が走ったが、でも、多くの店舗が従来通りのやり方をしている!ということは、まだ抜本的に何かを変えなくても、なんとかなるということだ。

でも、そろそろそう思っている皆さん!騙されたと思って、まずは、完全にダメ!とご自身で評価した遊技台を、ダサくしてください。そして、可動式のイーゼルを店内から3つ、バックヤードにしまってください。

集客を本気で伸ばしたいのであれび、まずは、お客様の信用を取り戻しましょ!

つづく

次回》広告にTPOを!

広告の行く末

最近、パチンコ店の広告の在り方についてかなり危惧しています。

このままでは、お客様が全く反応しないものになってしまうのではないかと

最近よく耳にするのは、「うちのお客様は広告に反応しない!」という、言葉です。

それは、事実かも知れませんが、真実ではないことが多いです。反応しない状態を、実は店舗側が作り上げてしまったと言っても過言ではありません。メーカーにダメな遊技台と酷評しているにも関わらず、なぜかお客様には煽り目で伝えているという矛盾(苦笑)

伝わらない、反応しない原因は「無意識な誇張広告」にあります。

まず、この誇張広告となり得る理由を2つに整理します。まず、ひとつ目は(1)新台の性能を店舗側がコントロールできないということ。そして、もうひとつは、(2)広告宣伝規制で新台プロモーションしかできることがなくなってきているということ。

つまり、(1)は当然ですが、メーカーが開発した遊技台であるため、店舗側が如何に営業予算を確保して展開したとしても、外的要因の問題(不人気台)で、お客様の支持を得られず、過去にヒットした大型版権機種を含め、導入するまで結果が分からないということ。

(2)は新台プロモーションしかできない情勢と言っても、何もしない訳にはいかず、とりあえず新台プロモーションを実施して、毎月10万円-100万円程度の広告宣伝費が使われているということ。

そして、さらに、(2)は画一されたオペレーションになっている場合が多い。

5台の新台入替でも、10台の新台入替でも、40台の新台入替でも、同じ場所のポスターや、イーゼルが変更されるだけで、告知量は全く変化しません。

お客様目線で見れば、導入台数に関わらず、キャラクターや筐体の打ち出しが変わるだけで、目にする機会はどの入替台数の新台入替の時でも同じです。つまり、大した新台入替でないのに、「めちゃくちゃこのお店伝えてくる」と、画一された広告展開に嫌気がさして、広告価値は低下して、ワクワクしなくなっています。

これを繰り返すと、どんどん信用が低下していき、お店の伝えたことが信じられなくなります。

そして、信じられないので、伝えても、反応してくれないという構図が生まれるのです。年輩のお客様が多いから!とか、地域特性だから!と言われることが多いですが、同じ商圏の地域一番店では、そんなことは全くないです。伝えたことがしっかり伝わり、反応します。そこには、しっかり、お客様とお店の信頼関係が担保されているからです!

伝えたことには責任を持つ必要があります!

キツイ言い方をすると、店舗が発信しているのに、新台が悪いから仕方がない!というのは、店舗側の都合であって、お客様には言い訳でしかありません。

今作12作目の最新の「エヴァ響きあう心」の集客状況はどうでしょうか?私が研修でお手伝いしている店舗に、再三、控え目に展開することをオススメしましたが、エヴァなんで!と言って……来週くらいには、さらに稼働は低迷しそうです>_<



土日はまだピーク時間は作れたが・・・


その店舗では、また信用を失いました。無意識な、なんとなく勢いで進めた広告が、信用を低下させて、より一層地域一番店に流れる状況に拍車を掛け、加担することになるのです。

では、どうすべきなのか。

それは、ダメなら広告を直ぐに外すか、結果が出たら、後追いで売り場プロモーションを仕掛けていくか、リユース的な発想で売り場プロモーションを組むか、伝える仕組みを変えることが必要不可欠です。

また、弊社が提供している新台ポスターデザイン定期便というサービスも、信頼をできる限り失わないように、お客様の心の動きに対応しています。

http://hpa.co.jp/upload/mail_magazine/pdf/tmp/QCJJdwtaJNim.pdf

エヴァがどうなるか分からない時は、そのイメージで表現して、番長などの市場ニーズがありそうな新台は、明確に良さを伝えます。

まだ、まだ、この考えをご理解頂ける店長を含む経営幹部の方は少ないですが、ひとり、またひとりと着実に広がっています。

勢いばかりで大袈裟に伝え、結局裏切る方と、冷静に状況を見ながら包み隠さず伝えてくれる方なら、あなたはどちらを信頼しますか?

残念ながら、パチンコ店の広告は、いつも大袈裟で、いつも勢いばかりです。。。そして、無意識に裏切っていることが多いです。

勢いよく、派手にやらないことに対する恐さは分かります。周りが派手にやってるから!派手にやらなければ集客が落ちるかも!という恐さを払拭することを選ぶのか、お客様に信頼されることを選ぶのか、どちらが中長期的な増客につながっていくでしょうか。

お客様は、しっかり店舗の姿勢を見ています。是非、信頼を貯めるお店を目指しましょう!


売り場の書籍化計画が
ちゃくちゃくと進んでいる。

書籍を少しでも読みやすくするために、
各章の入口には添付の漫画を作成。

各章の漫画のラフ原稿は出来上がり、
1章の漫画は上記のもので完成。

そのため、できたてホヤホヤを
チョイ見せします(笑)

書籍のはじまりは・・・

------------------------------------------

□結論

 「伝達力」が高い売り場がお客様に選ばれる!

「伝達力」が高い売り場はワクワクする!これが本書の結論である。

しかし、パチンコ店は「伝達力」を軽視する傾向が強い。

私のこの9年間は、売り場作りの定量化に集中して、

全精力をつぎ込んできたと言っても過言ではない。


そして、現在においても、それを突き詰め続けている。

そのため、情けない話であるが、
パチンコ経営は素人に毛が生えた程度である。
そのため、そんな私を見て、
「伝達力」が高くても意味はない。
営業数値が重要だとご指摘頂くことがある。

まさに、おっしゃる通りである。

ただし、ここで重要なのは、
「伝達すること」と「営業すること」を分けて考える必要がある。

自社の採用を行う時、自己紹介ができない方、
また自己プレゼンができない方を採用するだろうか?
どんなに素晴らしい能力をその方が持っていたとしても、
ご自身の意見を相手に伝えられなければ、
能力があっても能力がないに等しく評価される。

iPhoneの販売メーカーであるアップルは、

iPhoneを作るだけで現在ほどの地位まで上り詰めることはできたのであろうか?
なぜ、スティーブ・ジョブスのプレゼンテーションがあそこまで注目され、
書籍化までされているのであろうか?

もちろん、その人間本来の魅力・その商品自体の魅力がなければならないが、
結局選ばれるためには、「伝達するチカラ」が鍵となる。
それなしに、世界は成り立たない。

そのため、「伝達力」と「営業力」を比較しても意味をなさない。
議論を進めても答えはでず、ニワトリが先か、卵が先かという話になる。

 

 本書は、「伝達力」というテーマに絞り切って、
売り場の伝えるチカラを科学的に高める書籍である。
自社の営業力と連動して必ず相乗効果が生まれる。
売り場のプレゼン能力があがれば、
お客様がワクワクしてお客様に選んで頂ける確率は上がる。

当然の話である。

 

□第二の結論

売り場の「伝達力」を高めるためには、
どのようにすればよいのであろうか?

その結論は、「お客様と店舗側の目線を一致させること」である。

ただ、それだけのことである。

では、一見この単純なお客様目線を一致させることができないのでしょうか。

 

 その大きな原因は、お客様目線という言葉が
非常に抽象的な言葉であるからだ。
抽象的な言葉はひとり歩きし易い。
「お客様目線」とは都合の良い言葉で、
「お客様目線」と唱えているだけで、
お客様目線になんとなくなってきた気がする。

実は、中毒性の高い危険な言葉である。

 そのため、お客様目線を明確に定義する必要がある。
さらに、再現性を高めるためには、
お客様目線とはこの要素を満たせば、
お客様目線であると言える共通言語を作ることが重要である。

そして、それが出来る限り主観が混じらないようにするためには、
数値として客観的に表すことがポイントとなる。
本書は、「増客して売上を伸ばす」ための書籍である。

そのために、「多くのお客様に選ばれるお店になる」
→「売り場の伝達力(プレゼン能力)を高める」
→「お客様目線と店舗目線を一致させる」
→「売り場の数値化から伝わる仕組みを具現化する」。

 ------------------------------------------

こんな感じで書籍の内容を進めている。
全部で7章構成の予定。1章~7章の構成が
上がってきて、本日全てに赤ペンを入れ終えて。

あとは、修正を繰り返して年明けに
売り場の書籍を販売できるスケジュールで
進行できればと思う。

お待たせしている皆様、進行が遅くて申し訳ございません(>_<)

もうしばらく、お待ちください!

 

メダルゲームや
パチンコを愉しむ
ご高齢の方々。

隣に綺麗で大きなパチンコ店があるのに、
そこでは遊技しないお客様(>_<)

隣のパチンコ店の50銭パチンコや
1円パチンコ、2円スロット、5円スロット
10円スロットと、かなり低額の貸玉を
設けているのに…来てくれない。。

そして、パチンコ店はその実態を把握しません。

客数調査に行くのは
昔から周囲のパチンコ店のみ。

自分のお店の競合先が変わりつつあるのに、
それを直視していない現状ですΣ(゚д゚lll)

ゲームセンターにお客様が流れているのは
今に始まった話ではないです。

普通に考えれば、
ゲームセンターで遊技するより
低貸玉のお店で遊技する方が
非常に得であるはずなのに・・・

ただ、そもそもパチンコ店が考える
「お得」の定義自体が、それらのお客様には
適合していない可能性があります。

色んな視点で考えれば
集客できない問題が解決できそうです。

とらわれすぎず、
商圏をしっかり見ながら、
売り場を作り上げることが
極めて重要な時代に突入しています!!!
HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 プラスアルファ社員ブログ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]