忍者ブログ
弊社の社長含め、全国を行脚している社員による、全国パチンコホール様の素敵な取組みや、エリアで感じたことを、思いのままに綴ったブログです。是非ちょっとした休憩にお読み頂けましたら幸いです。               プラスアルファ社員一同

初めまして!
本日は新入社員の中島安紀子が、初投稿致します☆

11月19日、第4回ぱちんこ情熱リーグの決勝大会を観戦してきました!

場所は中野サンプラザ。

世間は冬で、すっかり寒くなってきましたが
2000人の来場者で埋め尽くされたホールは
熱気に包まれていました。

第4回目の今年のテーマは“創造”。

『ぱちんこ店から日本を元気にする』ために、
すでに感じている問題や課題に対して真摯に向き合ってチャレンジしていくことで
あらゆる“創造”に繋げていこう!

そんな想いで参加された全415店舗の方々の中から
エリア別に選抜された上位6店舗
・パーラー風羅巴 笹塚店
・ベラジオ 庄内店
・夢屋 多賀城店
・ジャンボ 防府店
・ミカド 稲沢店
・シグマ 清水丘店
が会場でプレゼンテーションを行いました。

私は今回初めて決勝大会を拝見させて頂いたのですが、
こんなにも熱い想いでお店づくりをしているのかと
本当にビックリしました!

パチンコ店がこんなにも
「お・も・て・な・し」の心を持って、お客様のために何かできないかと、
日々考え、チャレンジしているということを
世の中に人にあまり知られていないことに疑問を感じるほど
その熱い想いが会場中に広がっていました。

また、全力で取り組んでいることをアピールすることに
恥ずかしさを感じる人が多い現代で
その全力でアピールする本大会の参加者たちは
非常に輝いていて、格好良かったです!

結果として、
第4回の優勝店舗は、ベラジオ庄内店様で
ベラジオコーポレーション様が2連覇を果たされました。

年々参加者も増えており、来年は「我こそは!」というチャレンジャーが
さらに増えていくのではないでしょうか?

また、決勝大会出場店舗の中には、
去年は非常に点数が低かったけれども、
その悔しさをバネに、今年決勝大会まで上り詰めてきました!
という店舗もいらっしゃいました。
ぱちんこ情熱リーグを通して“気づき”と“変化”を体現できた
素晴らしい例だと思います。

前向きな刺激を多く感じることのできる大会。

来年はどこで開催されるか、まだ分からないですが、
是非一度見に行かれてみてはいかがでしょうか?

PR




著:河合淳也


渋谷の都市開発に伴いパチンコ店にも変化が!?
 
現在、渋谷では渋谷駅の再開発で非常に盛り上がっているとのことです。
 
昨年の4月にオープンしたヒカリエを発端に、
今でも記憶に新しいですが、
東急東横線と副都心線が開通したことも衝撃だったかと思います。
 

渋谷が新たに生まれ変わろうとしている中で、
果たしてパチンコ店はどのような形に変化しているのでしょうか?

 
去年の10月時点の渋谷駅のパチンコ・スロット設置台数
 
総設置台数:3907台
P設置台数:2391台   S設置台数:1516台
 
そして現在の状況はというと・・
 
総設置台数には変化はありませんでした。
また、P・Sの変化も共に見受けられませんでした。
 
さて、低玉貸しの比率はこの半年でどのような変化が見受けられるのでしょうか。
 
去年の10月時点の低玉比率はというと・・
 
1P:329台13.7%)  5S:128台8.4%)
 
では、現在の低玉比率はというと
 
1P:246台10.2%)  5S:99台6.5%)
 
このように、低玉の設置台数は減少をしている結果になりました。
 


これは、渋谷駅の都市開発が進んでおり、
アベノミクス効果で景気がいい方向に向いている、
ひとつの表れなのかもしれません。
 
 

 
 
本日入社した、中島安紀子です。
 
社会人生活は未知なことだらけで、正直なところ不安もありますが、
それと同時に自分に何ができるのだろうとワクワクしています。
 
初の女性社員ということで、当社にも、
これからお付き合いしていくお客様にも
「新しい風」を吹き込めたらと思っています。

春は春一番のように、新入社員として勢いのある風を
夏は台風のように、変革を起こすような風を…というように
いつまでも、今この時抱いた気持ちを忘れずに
邁進していきたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。

中島安紀子



皆様、大変ご無沙汰しております!
新入社員の河合でございます!
今回は、山手線沿線で展開されている店舗にフォーカスして記載します。

東京に住んでいるのに、山手線沿線でパチンコ店の激戦区は!?
といわれると片手で数えれる程度しかわかっていないことに危機感を感じ、
新入社員の私は下記の条件で山手線沿線の店舗視察をしました。

対象
①山手線の駅29駅
②駅から半径約500メートル
店舗数でいうと110店舗対象

その中でいくつか面白いことが見えてきました。
今回はその第一弾です!
渋谷駅と巣鴨駅の店舗調査をピックアップ致します。
渋谷と言えば、若者の街というイメージですよね。
反対に、巣鴨と言えばお年寄りの街のイメージが強いかと思います。
では、実際にそれぞれの地域に住んでいる年齢層には、
どれほどの違いがあるのでしょうか?

      渋谷       巣鴨
20代・・・15.9%      17.3%
30代・・・21.3%      18.5%
40代・・・15.2%      13.2%
50代・・・11.9%      12.6%
60代・・・24.5%      26.8%

この上記の数値を見て頂きますと、あまり変わらないというのが率直な感想です。

ただ明確に違いますのは、高齢者単独世帯割合数です。
関東全域でみても巣鴨は239位中断トツの2位です。
ちなみに渋谷は16位とこちらも意外と高いことに驚きました。

早速ですが、渋谷と巣鴨のパチンコ店の低貸玉比率はどうなのでしょうか??

【渋谷】 渋谷駅近隣店舗4店舗
マルハン/楽園/日拓エスパス/ガイア
パチンコ総設置台数:2.391台→1パチ総設置台数:329台(15.9%)
スロット総設置台数:1.516台→5スロ総設置台数:128台(8.4%)

【巣鴨】 巣鴨駅近隣店舗3店舗
巣鴨会館/ニュー太平/クラブニューヨークTOYKOすがも店
パチンコ総設置台数:929台→1パチ台設置台数86台(9.2%)
スロット総設置台数:351台→低貸スロなし

実際に、調べてみますと高齢者が多いというイメージの巣鴨商圏ですが、
パチンコの低貸玉比率は、10%を切っている結果となりました。

高齢者の方は限られた金額で、時間が比較的あるので、客滞留時間を延ばす、
低玉低スロが多いと思いがちですが、この結果からすると真逆の結果となりました。
先入観を捨て、数値に基づいてひも解くと自店の商圏エリアにも何かクセがあるかもしれませんね!
7月18日に第3回ぱちんこ情熱リーグの決勝大会に観戦してきました。
 
場所は、東京メルパルクホールでの開催でした。
当日は、唸るほどの暑さでしたが、会場は満席の約1200人で埋め尽くされていました!
 
ぱちんこ情熱リーグの趣旨を簡単に説明いたしますと、
「パチンコ店から日本を元気にする!」ということです。
 
「共に実践、共に感動、共に成長」というスローガンを掲げ、今年は何と312店舗が参加し、
その中で決勝大会には6店舗が選出されました。
 
実際に、6店舗のプレゼンテーションの時間に入ると、今まで培ってきた思いや、
お客様に対する熱い思いが、会場全体を包み込みました。
 
プレゼンする一人一人の目が輝き、かすれるほど大きな声を出している姿をみて、
思わず感情移入してしまい、恥ずかしながら泣きそうになってしまいました(笑)
 
6店舗の本気のプレゼンを見て、大きな気づきがありました。
それはお客様に楽しんで頂くことで、自分の幸せが得られるということです。
これはおもてなしの心でもあり、真心でもあると思います。
独りよがりではなく、お客様がいて、一緒に働く仲間がいて、一つの目標に向かって走り、
達成し、喜びを共有することに本当の幸せを得られるのではないのでしょうか?
 
私自身、今回ぱちんこ情熱リーグを通して気づいたこと、また学んだことを
今後の仕事に生かしていきたいと思います。

皆さんも一緒にパチンコ業界の明るい未来を信じて盛り上げて行きましょう!!
 
次回の第4回ぱちんこ情熱リーグは、第三回同様に東京で2013年の11月開催予定です!
 
是非ご機会があれば、皆さんも一緒にパチンコ業界の熱い思いを見に行きましょう!
 
河合 淳也
HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 プラスアルファ社員ブログ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]