忍者ブログ
弊社の社長含め、全国を行脚している社員による、全国パチンコホール様の素敵な取組みや、エリアで感じたことを、思いのままに綴ったブログです。是非ちょっとした休憩にお読み頂けましたら幸いです。               プラスアルファ社員一同
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


周知の事実ですが、
8月以降の広告規制が
各都道府県・所轄によって、
全国的に方向性が全く異なっています。。。

ただし、動きとしては、
西日本が活発であり、
イベント禁止などの規制を含め、
厳しい規制強化になるのではないでしょうか!?


そのため、この先、
恐らく全国的な流れは、
多くの都道府県で、
広告規制強化によって
初心者病にかかってしまう恐れがあります。


初心者病とは、
広告自粛ムードが広がり、
お店の個性が損失していく病気です。
上記、文言は当社が勝手に定義している言葉です。)

この流れに私は、
広告規制以上に危機感を感じています。


「お客様が自店を選んで頂く理由は?」


様々なセミナーや研修などでもお話させて頂いていますが、
高稼働店程、自店の特徴・優位性を主張しています。
つまり、お客様に自店は○○のように営業していますと
明確に断言して情報伝達を行っているのです!

それが、お客様にお店を選んで頂ける理由に明らかにつながっています。


上記の事は、、、

輪番停電の時にも強烈に感じました。

自粛ムードが広がり、
広告規制自粛明けにも、
お店や企業の方針によっては、
しばらく自粛ムードを続いているケースを
複数見受けました。

しかし、自粛明けにも自粛しているお店と、
自粛明けに自粛をやや緩め、
自店に来店して頂いているお客様には
積極的に告知物、言葉がけ、マイクアナウンスを含めて、
情報伝達に注力しているお店とでは?

集客差を見ていると、
明らかに通常営業時との差が15%~30%生まれていました。


お店から何もお客様に発信しなくなる恐怖を、その時痛感しました。


つまり、お店が自粛ムードを勘違いして、
何もしなくなれば、必ずお客様の総客数は衰退傾向になります。


当社の年間全国1,000店舗調査では、
過去から広告規制に厳しいエリアを調査しています。

「岐阜」「静岡」「石川」「愛媛」「茨城」…

その中で、高稼働店とそうでないお店は、
基本的には上記で述べた通りの傾向を見受けます。


では、その広告規制の厳しいエリアの
高稼働店では、どのような取り組みを行っているのでしょうか?
できない中にも、できる事が必ず存在します。

諦めるのではなく、できる事をとことんやり切る!
それが、未来の希望の光につながるはずです。


次回の私の更新するブログでは、
広告規制の厳しいエリアで、
具体的にどのような取り組みが行われているのか、
活字ではありますが、ご紹介できればと考えています。
PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 プラスアルファ社員ブログ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]