忍者ブログ
弊社の社長含め、全国を行脚している社員による、全国パチンコホール様の素敵な取組みや、エリアで感じたことを、思いのままに綴ったブログです。是非ちょっとした休憩にお読み頂けましたら幸いです。               プラスアルファ社員一同
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




著:野島崇範


『お客様目線』


私が実施している研修などで軽はずみに使いますが、
しかし、個人的にはあまり好きな言葉ではありません。

少し、語弊があるといけないので補足すると、
『お客様目線』という言葉の真意を理解せず、
この言葉を使用する事に違和感を感じます。

なぜなら、曖昧性が非常に高い言葉であるため、
『お客様目線』という言葉は、個々人の解釈によって、
千差万別に大きく捉え方が変化するからです。。。


「今月は、お客様目線を徹底しよう」という
店舗の月間テーマを掲げても、
恐らく達成する事は不可能です。

抽象的な言葉過ぎて、
どのように行動すればいいのか、
スタッフの行動レベルまで
落とし込む事ができないからです・・・


では、お客様目線に
お店全体の意識が到達するためには、
どのようなことを実践すべきでしょうか???


答えは、シンプルで、
“ ○○○の ” お客様目線と、
限定するだけでいいのです(^_^)

できる限り、限定レベルを高める程、
本来求めているお客様目線に近づきます♪


では、上記の内容を踏まえ、
いつもと同じように、
冒頭の写真をご覧ください。


添付写真は、
代官山 蔦屋書店(TSUTAYA)の
こどもの商品コーナーです。


素敵な売り場づくりですね!!!


まさに “ こどもの ” お客様目線になってますね。

こどもだって立派なお客様で、
商品を選ぶ能力は十分あります!


つまり、商品陳列の仕方に絞ってご覧頂くと、
棚の低い箇所ほど、商品の表紙のカバーが
しっかり見えるようになっています。

この代官山 蔦屋書店(TSUTAYA)では、
通常のコーナーでは、その逆でした。

棚の中~高い箇所に絞って、
タイトルカバーが見えるようになっています。

当然的な標準的感覚ですが、
こどもは背が低くく、
見える視界の高さが、
大人と比較して決定的に違います。

だからこそ、 “ こどもの ” お客様目線になれば、
当たり前の事が当たり前に実施できるようになります。

是非、是非、お客様を絞って絞ってみてください。
自然と、お客様目線が具現化します(#^.^#)
PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 プラスアルファ社員ブログ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]