忍者ブログ
弊社の社長含め、全国を行脚している社員による、全国パチンコホール様の素敵な取組みや、エリアで感じたことを、思いのままに綴ったブログです。是非ちょっとした休憩にお読み頂けましたら幸いです。               プラスアルファ社員一同
 

 
 

著:野島崇範

ユニクロ銀座店のから学ぶシリーズ③

“訴求ポイント数がお店の期待感を生み出す

 

ユニクロ銀座店の

12階のヒートテック専門の売り場。

 

ユニクロ事例の最終テーマは訴求ポイント数

 

訴求ポイント数とは、--------------------------------------------------------------

=「店内の告知の一貫性・統一性を図る基準値」

=「同系統の情報発信物の告知数をカウントした個数」

◇入店導線/退店導線に区分して、訴求ポイント数のカウントを行う

--------※訴求ポイント数の算出方法は、また次回以降---------------------

 

つまり、簡単に言うと、

同じ告知(または、類似の告知)を

店内に如何に設置しているかを測定する基準です。

 

この告知の数量が多ければ多いほど、

お客様の魅力を明確化しやすくなります。

 

例えば、ユニクロ銀座店の12階では、

上図の2004年~2012年のヒートテックの実物が展示

(※展示物を触れること可能)

 

 

ヒートテックの原材料を展示
 

http://file.plusalpha.ria10.com/90ccb07c.jpeg
 

(※展示物を触れること可能)

 

 

 

最新ヒートテックのコンセプト

 http://file.plusalpha.ria10.com/612ed792.jpeg

 

12階コーナーのヒートテックのラインナップ数

 http://file.plusalpha.ria10.com/f17f103d.jpeg

 

さらに、シリーズ①/シリーズ②で

添付した写真事例も含めて、

「ヒートテック」という商品をのみの同一情報を

様々な角度からお客様に情報伝達している事が見て取れます。

 

そのため、訴求ポイント数が高まり、

他の情報が混在・点在せず、

ヒートテックの魅力を最大限引き出しています。

 

他のユニクロのヒートテックの

売り場コーナーと比較すると、

訴求ポイント数が3倍程度異なります。

 

さらに、既存店のヒートテックの売上高と比較しても、

銀座店の売上高は、2倍程度異なります。

(※日経MJデータ参考)

 

つまり、訴求ポイント数の増加=売上高の増加と

相関関係があり、連動していることが分かります。

 

しかし、現在パチンコ店では、

広告規制以降、大幅に店内の訴求ポイント数が減少しています。

 

以前までは、当日実施のイベント情報で

店内告知の大半を占めていましたが、

現在では、様々な告知が色々なところに点在しています。。。

 

それでは、自店の魅力は極めてお客様に伝えづらい環境となります。

 

自店の「新台入替」の訴求ポイント数は、

25ポイントを越えていますか???

(※上記ポイント数は、350台のお店を想定)

PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 プラスアルファ社員ブログ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]