忍者ブログ
弊社の社長含め、全国を行脚している社員による、全国パチンコホール様の素敵な取組みや、エリアで感じたことを、思いのままに綴ったブログです。是非ちょっとした休憩にお読み頂けましたら幸いです。               プラスアルファ社員一同


野島崇範

 

今の私の仕事の1

「繁盛店を普遍化すること」

 

繁盛店のおっ!と思ったことを、

仮説として立てて、

その後は、圧倒的な数の店舗を見て、

その仮説が適合するかを結果検証。

 

今回、ご紹介するのは四国のマルハンさんの事例。

まだ確信は得てませんが、

今後のパチンコ店のブランディング戦略の

トレンドになる可能性を秘めてます!?

 

まず、前提として、

世間一般の新商品の大多数の

プロモーション戦略は、

「強いものに巻かれろです。

 

 

つまり、

A商品 < B商品の図式

確実に成り立つ場合

 

B商品に巻かれることで、

A商品の認知は高まり、

《即効性》のあるブランド化に。

 

 

分かりやすく言うと、

新発売されるシャンプーを、

女優の●●さんをイメージキャラクターと設定することで、女

優の●●さんが世間一般で築き上げてきたブランドイメージと同化させ、新

商品のシャンプーの認知とブランド化を《急速》に構築。

 

今回は、深い論理展開は除いて、

次にパチンコ店のブランド戦略に、

上記の流れをあてはめてみます。

 

 

現在、四国エリアのマルハンさん出店は、

徳島県0店舗、香川県3店舗、愛媛県2店舗、高知県3店舗。

出店もここ数年ようやく少しずつ進んでいます。

 

 

つまり、大雑把に言うと

マルハンの店舗 < 四国の名所

 

 

現時点では、確実に四国県民のお客様の中では、

マルハンブランドの位置づけは、高くないと言えます。

 

地元法人企業が、元気に活躍されている理由も、四

国県外法人の出店が、そこまで多くなかったから!?

最近、少しづつ流れは変わりつつありますが…

 

話を戻しますが、つまり、結論この状態ではマルハンブランドを急加速して、

浸透することは難しいため、和田アキ子さんのCM展開のみでは、

パチンコユーザーに深いブランド化の浸透は不可能に近い!?

 

そのため、お客様に四国のマルハン。

もっと、言えば香川のマルハン、

高知のマルハンというブランドイメージを

浸透させることがブランド戦略のポイント。

 

だからこそ、新台入替プロモーションを中心に、

香川の名所を背景に、告知。(※添付写真参照)

 

また、高知では、坂本龍馬らしき人物を背景に新台プロモーションを実施。

 

今までの全国のマルハンさんのブランド展開とは

異なったプロモーション戦略に行こうしていると、

勝手ながら分析しています。

 

つまり、エリアを限定させた上での、

「強いものに巻かれろ」戦略を活用!?

 

まだ荒削りな感もありますが、

顧客心理を踏まえるという流れを考えると、今

後に期待を抱いてしまいます♪

PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 プラスアルファ社員ブログ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]