忍者ブログ
弊社の社長含め、全国を行脚している社員による、全国パチンコホール様の素敵な取組みや、エリアで感じたことを、思いのままに綴ったブログです。是非ちょっとした休憩にお読み頂けましたら幸いです。               プラスアルファ社員一同
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



野島崇範

 

今の私の仕事の1

「繁盛店を普遍化すること」

 

繁盛店のおっ!と思ったことを、

仮説として立てて、

その後は、圧倒的な数の店舗を見て、

その仮説が適合するかを結果検証。

 

今回、ご紹介するのは四国のマルハンさんの事例。

まだ確信は得てませんが、

今後のパチンコ店のブランディング戦略の

トレンドになる可能性を秘めてます!?

 

まず、前提として、

世間一般の新商品の大多数の

プロモーション戦略は、

「強いものに巻かれろです。

 

 

つまり、

A商品 < B商品の図式

確実に成り立つ場合

 

B商品に巻かれることで、

A商品の認知は高まり、

《即効性》のあるブランド化に。

 

 

分かりやすく言うと、

新発売されるシャンプーを、

女優の●●さんをイメージキャラクターと設定することで、女

優の●●さんが世間一般で築き上げてきたブランドイメージと同化させ、新

商品のシャンプーの認知とブランド化を《急速》に構築。

 

今回は、深い論理展開は除いて、

次にパチンコ店のブランド戦略に、

上記の流れをあてはめてみます。

 

 

現在、四国エリアのマルハンさん出店は、

徳島県0店舗、香川県3店舗、愛媛県2店舗、高知県3店舗。

出店もここ数年ようやく少しずつ進んでいます。

 

 

つまり、大雑把に言うと

マルハンの店舗 < 四国の名所

 

 

現時点では、確実に四国県民のお客様の中では、

マルハンブランドの位置づけは、高くないと言えます。

 

地元法人企業が、元気に活躍されている理由も、四

国県外法人の出店が、そこまで多くなかったから!?

最近、少しづつ流れは変わりつつありますが…

 

話を戻しますが、つまり、結論この状態ではマルハンブランドを急加速して、

浸透することは難しいため、和田アキ子さんのCM展開のみでは、

パチンコユーザーに深いブランド化の浸透は不可能に近い!?

 

そのため、お客様に四国のマルハン。

もっと、言えば香川のマルハン、

高知のマルハンというブランドイメージを

浸透させることがブランド戦略のポイント。

 

だからこそ、新台入替プロモーションを中心に、

香川の名所を背景に、告知。(※添付写真参照)

 

また、高知では、坂本龍馬らしき人物を背景に新台プロモーションを実施。

 

今までの全国のマルハンさんのブランド展開とは

異なったプロモーション戦略に行こうしていると、

勝手ながら分析しています。

 

つまり、エリアを限定させた上での、

「強いものに巻かれろ」戦略を活用!?

 

まだ荒削りな感もありますが、

顧客心理を踏まえるという流れを考えると、今

後に期待を抱いてしまいます♪

PR
youtube動画で告知をしている、
販促の科学のプロモーションver.を
作成しました(^_^)♪

【販促の科学CM】
http://cm.sprasia.com/channel/nozima19830903/20130826185836.html

お手隙の際にご確認ください!!!


◆youtube動画「販促の科学」
https://www.youtube.com/watch?v=VL6XqZf3sjQ


 

【youtube動画】
https://www.youtube.com/watch?v=VL6XqZf3sjQ

詳細は、明日以降に発刊される
月刊アミューズメントジャパン2013年9月号の
特集ページ「販促の科学」をご覧ください♪


《追記》
8月22日以降に、
再度ブログをご覧頂いている方限定で、

◇ 祝・特集ページ掲載
◇ 祝・販促マンガ完成!?
◇ 祝・販促マンガ動画完成!?を

自社で勝手に祝い(笑)、
特典案内を掲載する予定ですので、
必ず再チェックをお願いします(^人^)


株式会社プラスアルファ 野島崇範

 

 

2013年7月15日 / 日経MJ(流通新聞)
http://www.shopbiz.jp/rt/news/123533.html
 

いま絶好調の話題騒然の
「グランフロント大阪」。

そのテナントの一角に、「無印良品」。

売り場面積が広く、
豊富な品ぞろえ。

さらに、無印良品が手がける家の
ミニチュア版のモデルハウスが展示。
目新しさもあり盛況感が見て取れます。

ただし、、、

無印が家の販売を始めた初年度は・・・
非常に厳しい現状でまったく売れず。

しかし、年々売上アップ。

その理由はコスト面だけでなく、
さらに、売り場の販売手法が
住宅メーカーと大きく異なる?

「押しつけない」
「営業しない」が
コンセプト!?

実際に、売り場の現場に行ってみると、
スタッフは1名常駐しているものの、
会釈のみで全く接点を持つアプローチをしない。

そのため、自由に見たいだけ・居たいだけ
気兼ねなく展示を眺めることができます。

パチンコ業界を含めて、
ここ最近の接客トレンドとして、
ハキハキした言葉がけ、
キビキビとした挨拶など、
一面的な接客スキルだけが
クローズアップされているような気がします。

しかし、接客の本質は、
お客様をおもてなしするという観点。

そうすると、接客を意図してしないことが、
実はお客様の最大限のおもてなし接客につながる。
そんな売り場を具現化しているお店もあるのだと、
改めて体感しました。

異業種の繁盛店から学ぶことはたくさんありますね(^_^)




最近、

ケンタッキーフライドチキン

の動向が活発化してますね♪


今まで、王道営業で、
秘伝のスパイスで、
美味しいのは周知の事実なのだから、
好きな方が好きな時にくればいいというスタイルで
営業していたような感じが個人的にはしています。

しかし、直近話題であった、
7月3日・4日限定の
オリジナルチキン食べ放題や、
ケンタッキーが世界で初のBar併設の
お酒の飲める下北沢(東京)をOpenさせるなど、
精力的に営業戦略や売場づくりを変革させています。


店頭を含めて売り場の告知も、
「本物は真似できない」というプロモーションの基、
改めてお客様にケンタッキーの美味しさを伝えるためにできることを、
積極的な導線づくりから取り組んでいます(^_^)

今後の売上の推移が気になりますね♪


【追記】
そーいえば、私が最近使用している「売り場」という言葉。
伊勢丹ではお店が主語になっているとのことで、
「お買い場」とお客様が主語になる言葉を使っていると本で読みました。

お客様目線での変革が
百貨店や小売業を含めて、
スピード感を持って取り組んでいます。

パチンコ業界も負けられませんね!!!
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 プラスアルファ社員ブログ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]